5Gのイメージ

スマートフォンやケータイに限定されず、様々なデバイスやモノがインターネットにつながり始めています。
このままデバイスなどが増えるに連れて、さらに通信回線の需要性が増してくるわけです。
そうした未来のライフを豊にする、次世代通信システムとなるのが「5G(第5世代移動通信)」です。
速度が速くなるだけでなく、これまでと大きく通信環境が変わると期待されています。
新技術を使えば、新製品の価格も抑えられるわけです。

そもそも5Gが必要とされる背景には、3つの理由があると言われています。
先ず第一に、ユーザーがスマホなどで観る動画の画質を高めるためです。
スマホ動画また、ダウンロードを速めたり、3Dテレビを楽しめるようにしたり、使い勝手の向上が求められています。
その為には、回線の通信速度を現在の10倍にする必要があるわけです。
第二の理由は、家電やクルマなどのIOT化です。
これまでインターネットにつながっていなかった様々なモノが、無線を通じてネットワークにつながるようになります。

様々な家電やモノがネットワークにつながるようになると、一度につなぐための通信機器が大量に必要になります。
つながる機器の数が増大し種類も増えれば、提供されるサービスも多様化します。
そのため、サービスの用途によって、4Gでは対応しきれなくなるわけです。
特に通信のタイムラグの問題があり、回線のタイムラグを減らす為にも高速通信が必要になるわけです。
その他にもネットワークの新しい性能は求められるので、4Gから5Gへのネットワーク進化が不可欠になっています。

5Gになるってこんな感じ

4Gがこれまで行ってきた通信の高速化は、言ってみれば高速道路の車線を増やすのに似ています。
高速道路一方、5Gの場合は従来使われていなかった周波数帯域を使うので、高速道路自体を新たに新設することに例えられます。
回線自体が増えることで交通量が分散され、大容量高速通信が実現されるわけです。
また、身の回りのあらゆるモノがネットワークにつながり、ウェアラブルデバイスとして機能します。
それによって、子育て世代の負担も削減することができます。

5Gの登場でIOTの流れが加速することになり、身近なモノにまで及ぶことが予想されています。
例えば、雨の予報を傘が教えてくれたり、冷蔵庫の中身を教えてくれたりします。
一部のサービスは既に始まっており、今後は加速度的に広がっていくと考えられます。
ネットワークに接続するモノが増えてくると、それらが相互にも情報交換できるようになります。
そこにはAIの技術も加わることで、飛躍的に利便性が高まるわけです。

ネットワーク回線を高速道路に例えると、4Gも立派な高速道路と言えます。
これまでも通信の世界では、車線拡張や改善を行ってきました。
クルマの量や交通量の増大に追いつけなくなると、新しく高速道路を建設しなければならなくなったわけです。

5Gになると世の中はどう変わる?

4Gの時代では、およそ700MHzから3.5GHzの周波数帯を使ってきました。
それに対して5Gでは24GHzを超える、はるかに高い周波数が想定されています。
現在は未だ想定の範囲にあり、2019年開催予定の国際会議で正式に決定されます。
4Gはスマホやルーターなどのデータをやり取りするには、とても使い勝手が良いシステムです。
5Gになっても使い勝手の良さは引き継がれることになり、5Gの一部として4Gが取り込まれることになります。

通信機器の種類としては、高速道路を走行する車種に例えられます。
4Gではスマホをはじめ、ルーターやタブレットが主流ですが、交通量としては大型トラックが大半を占めています。
一方、センサーなどを搭載した通信機器が増えると、様々な種類のクルマが高速道路上を走行することになります。
中には緊急車両などもあるわけで、多種多様なデータを効率よく運ぶ必要が生じます。
高速道路の車線を増やすことに加えて、交通整理も重要な要素となると言えます。

5Gではデータの用途に応じて、最適な送信手段を採用します。
高速道路には登坂車線がありますが、通信網にも特別なデータを優先送信するシステムが必要になります。
また、データ網が渋滞しないように、車線変更を臨機応変にできるようにすることも大事です。
こうした、データ通信交通整理をするシステムも、最優先で開発が進められているわけです。
5G通信システムでは、道路の車線も増えると同時に、通行するクルマの種類や数も大幅に増大します。
それ故、世の中の交通渋滞や交通事故を起こさないために、先々を予測した対策が必要になります。

5Gにおいては、通信の交通量に応じて車線変更したり、交通整理が肝心になります。
それらはネットワーク内のAIが担うことになり、情報通信の最適化が図られます。
ハードが故障したり、システムのプログラムに異常が発生する事態も予測する必要があります。
4Gとは比べものにならないくらいのトラフィックが発生するので、一旦事故が起こってトラフィックが止まると、膨大な損害を世の中に与える恐れがあります。
それ故、今後は事故が発生する前に、リスクを事前に回避することが重要になるわけです。

5Gではトラフィック事故を事前に予測するため、今後の時代は人工知能による新技術が導入されます。
少しでも流れに異常を感知すれば、AIは故障や事故が予想される場所を中央制御システムに報告します。
そして、中央制御は無線用の対策プランをつくり、未然防止用のプログラムを実行することになります。
一方、5Gの新製品において価格が気になるところです。

関連記事